困った時、友人に借金を申し込む

お金の貸し借りは友人間では禁物という意識のある方も多いと思います。しかし、分かってはいても今月どうしてもあと2万円必要、不足分を友人に借りたいという時もあります。

 

こんな時、お金に困っている側の人は、友人に借金を申し込むことで頭の中がいっぱいになっていると思います。それでも申し込まれた側の人にとって、正直あまり歓迎できない友人の申し出であると思います。

 

貸したところで返してくれるの?断ったら今後気まずくなる?など、いろいろなことが頭の中を駆け巡ることと思います。そしてすぐに答えを出すことができない場合もあると思います。本来ならば余り友人にお金を借りない方が良いと言えるでしょう。
ただし、一緒に出掛けた時にウッカリ財布の中身の補充を忘れていた時、割り勘で支払うはずでも、取敢えず友人が立替えて支払ってくれる場合もあります。そんな時は、差し迫った状況である為、気軽に立替えを承諾してくれるでしょう。

 

信用を失う事はお金を失うことよりも怖い・・・

その後会った時にすぐに立替えてくれたお金を返せば、それで終わります。それでも、今日もまた持ち合わせがない等と言ったならば、友人に対して信用を失うことになります。
おそらく今後は一緒に出掛ける機会も減っていくことでしょう。

 

このようなことで友人を失くすこともあります。「金の切れ目が縁の切れ目」、昔の人は本当にうまいことを言ったものですよね。言い換えればお金が原因で縁が切れることがあるということにもなりますよね。

 

たとえ二人が今まで信頼と友情で結ばれて来たとしても、お金を返さなかったという事実は、相手をないがしろにしているように思われても仕方ありません。そうなると今まで長い年月を掛けて築き上げて来たものは、一瞬にして消し去ってしまいます。

 

返済は絶対にすべき!

もしきちんと返済していれば、また同様のことが起きたときにも気軽に対応してくれます。もし友人からお金を借りたなら、すぐに返すようにすることは勿論ですが、貸してもらったことを感謝する言葉を添えて返しましょう。そうすれば、次回もまた困った時には助けてくれるはずです。

 

友人からお金を借りる時、大切なのは返済日を明らかにすることです。そして約束通りにその日までに返済をすることです。そうすることでお互いに嫌な気持ちになることもなく、スムーズに話が進みます。親しき仲にも礼儀ありという言葉もあるので、普段は冗談を言い合っている仲であっても、殊お金に関してはきっちりとしている関係であるべきと思います。